Wの日誌

映像編集業。1977年生まれ。

怒られ、回避。

怒られるのがイヤだから、仕事上のコミュニケーションを避けて、もっと怒られる状況をつくりだす、主に若い男性に多い傾向の原因は、なんなのだろう。

 

現代的な観点で、予想されるのは学生の頃から携帯電話があって、直接のコミュニケーションが減り、対面でのやりとりと、コミュニケーション齟齬に対する耐性が弱いというのは、考えられる。

居心地の悪くなったコミュニケーション空間を正常化しなくてはならない場面の経験値が少ないのかもしれない。

草食化とかいうけれど、他者がいなくても、一定の娯楽がネットにあふれているので、気持ちとして基本的には、ひきこもりがちにならざるを得ないのではなかろうか。

 

そりゃ、ほとんど知らないようなオジさんオバさんとコミュニケーションをとり、その人格と仕事の進め方を学び、怒られたら次は怒られないようにしよう、などというモチベーションはもちえようもない。

自分だけの楽しいことをしていたい。

 

でも、自分だけの楽しいことをしていたいのは、オジさんオバさんにしても同じはず。

なのに、しないのは、まあ、いわゆるところの教育により社会化され社会の一部たるを引き受けて、それでなんらかしらの満足と金銭を得てきたからなんだろう。

重要なのは、満足と金銭。子供の頃に学校や家庭で、教育と称して言われ続けたことに従った結果に、今のオジさんオバさんは、ある程度満足しているのであろう。

自分が従ってきた教育や社会を価値あるものと考えるのは、人の気持ちとして仕方ない。

きっと怒られることに対しても、その先に満足と金銭があると頑張って、その結果を得たのだろう。

しかし、それが果たして未来永劫に通じるメソッドなのかというと、満足も金銭も、昔と今では明らかに変質していると思う。 

 

満足でいえば、会社や家庭で褒められ満足を得る手段しかなかった時代から、今や、世界から、いいね!を貰える時代である。

自分のつぶやきが、見も知らぬ人から、いいね!されることのほうが、近しい人から褒められるよりも、価値や満足は高いだろう。

近しい人は色々な事をくみとって、褒めてくれているだけかもしれないし。

金銭にしても、やりたいことでお金を作ることは、技術的にはるかにやりやすくなった。

会社に入らなくては就職しなくてはダメだ。なんてことはなくて、むしろ、なんらかのレアな能力、ニッチな才能を持っていたほうがいいぐらいなことになっている。

会社に入って金銭のために、怒られるなど、好きなことで暮らして儲けている人が増えてる世の中で、若い人からしたら馬鹿げていることだろう。

 

やはり、総じて、仕事のできない若者が増えたというのは、仕事における満足と金銭が変質してるからなのは、否めないのではなかろうか。

怒られ、を乗り越えるだけの価値を、会社や仕事にあまり感じ得ないのではないか。 

 

それでも、コミュニケーションコストをショートカットしようとする傾向は、デジタル技術の影響が若干あるのかもしれない。

対人コミュニケーションにおけるストレスに耐性のない若者を作りやすい環境は増えてるとは思う。

会社や金銭への態度の変質は、時代とともに方法をかえて、柔軟に生きたほうが長い目ではよいと思うけれど、対人コミュニケーションにおけるストレス耐性と、その対処法は、わりといかなる時代においても鍛えるに損のない、そして、元手もかからない、重要なスキルで、あらゆる人種年代の人とコミュニケーションをとれるようになることは大切な気がする。

 

なので、怒られたくないのは分かるけど、コミュニケーションはショートカットしてはならない。

まあ、でも、コミュニケーションが一番面倒くさいけど。

広告を非表示にする