Wの日誌

映像編集業。1977年生まれ。

そんなに働かなくても

やはり日本人というのは、過度に真面目に働く人が多いように思うけれど、これは、ある種の民族的なDNAなのか、戦後70年の教育や制度により、培われたものなのか。

わりと、僕は戦後70年の教育制度と、社会の傾向が、大きく影響してるように思う。

 

働くことは、美徳であり、ちゃんと働けば、未来は明るいものになる、というテーゼが、脈々と生きているのだろう。

そもそも、働いてないイコール、税金を払ってない、国の世話になっている、つまりみんなの迷惑になっていると感じる人達が多いのだろう。

近代国家は、国民主権で、国民がまわしていくのだから、その一員として、ちゃんとした義務を果たせ、さもなければ‥‥という心理が抑えられないのは仕方ない。

 

働かざる者食うべからず。

まあ、はい、その通りです。

 

なもんだから、優秀に働くことが間違ってるということは、ないから、みんな働いて、周囲に認めて貰おうとするわけで、とにかく働き手として優秀な者を、最良として、義務教育や株式会社、官僚公務員システム、を作り上げてる。 

なにも、間違っていない、そして、よくできた仕組みでもある。

 

で、わりと、繁栄した。

 

そして、ふと、我にかえると、本当のところ、生理的に肉体的に、こんなにも働きたいのだろうか、と感じたりすることがでてくるわけです。

 

そんなに働かなくても、わりと、快適に生きられるのではなかろうかと、思えるような世の中であるし。

 

働かなくても、そこそこ楽しい。

もしくは、働いても、あまり楽しくならない予感がする。

 

繁栄しなくてもいいのでは。

そう思えてくる。

まあ、まだまだ世間的には、クズとか、ダメ人間、とか、みんな働くのが正義だよね、と思いたいばっかりに、レッテルを貼るわけであろうが、欲求に従えば、休みたい遊びたい、のほうが、働きたいより、勝るのではないかと、素朴には思える。

 

現行の社会システムを信じ、働くことを至上の義務とし、殉じていく人はきっと、おもいのほか多いだろうし、一定数、働き続けてくれるのは、実際には、ありがたいだろう。

働き蟻や、働きバチは、必要だろうから。

 

でも、働くのが美徳で、尊い

ちゃんと働いてる人が、優秀で尊敬されるべきというのは、実は、社会の人身御供になってくれる人募集、の誘い文句で、働いてる人そのものが、幸せになる仕組みではないので、むやみに働く事を礼賛するのは、やめましょう。

ましてや、他人に働く事を強要するのは、ほとんど暴力なんじゃなかろうかと。

 

まあ、しかしそうして、働かないでいると、働く組は多くて同調圧力がすごいので、どんどん、肩身の狭い思いにとらわれるけど。