Wの日誌

映像編集業。1977年生まれ。

たまたま。

たまたま、住んでる地域の小学校に入って、まんま、中学校にあがって、学力に合致する高校にいき、途中で自らの選択で、学校環境をかえることもなく、12年をすごすっていうのは、ほんとうのところ、よいことだろうか。

親は、卒なく、高校までは出て欲しいとか思うけれど、ただ、出るだけなら、形骸化も甚だしいし、10代という貴重な時間の喪失であるような気がしなくもない。

かといって、自らの意思でなにかを、やったり、始めたりする10代が、偉いかというと、それも個々人の資質だから、えらい、ということでもなく。

ただ、10代にして、社会の枠組みを信じ、そこからはみ出すことをおそれ、生きるのは、その先が大変であるような気もするから、なんにせよ、自らの意思。

それは、ある種の間違った欲望でも、よいかもしれない、が、それに突き動かされるほうが、個人の人生としては、健全なのではないかとは思う。

一番まずいのは、学校や大人に、個人の欲望が抑圧されていると感じながらも、その抑圧に、実のところ甘んじて、愚痴腐敗を並べたてながら、甘く怠惰にすごすことで、愚痴をいいながら、社会や大人に甘えていたら、キリがない。

モラトリアム。高尚理想を語りながら、それを実現できないのは、自分の意思努力の足りなさではなく、社会大人のせい、と不貞腐れるのは、御門違い。

しかし、それでもなお、日本の義務教育、高等学校は、そんなモラトリアムを生むような、同調圧力と均質化、凡庸化、の坩堝。

個人の無能に帰するのみでは解決せず。

教育制度が、ガラリと変わらないと全然ダメだろうな。と、思う。

黒板をやめて、小学校のうちから、個々に好きな科目を勉強する授業にして、とにかく、全員が一斉になにかをしなくてはならないという機会を減らしていったほうがいい。

全体でなにかをすることに重きをおき続ける義務教育には、個人的に違和感しかない。