Wの日誌

映像編集業。1977年生まれ。

いそがしさへ。

忙しすぎると、どうやってストレスを解消し、仕事を円滑に進めるかが、生命線になる、といったところがある。

ストレスで、荒れたりすると、家庭も仕事も、うまくいかなくなるので、とにかく対策は重要。

まずは、お酒。

飲みすぎると、大変だから、そんなに飲まずに、でも、スッと寝られるぐらいにはのむ。

ホッピー3杯。

わりと、よく眠れる。けれど、寝る寸前まで、やらなくてはならないことがある時は、飲めないので、そういう時はなんとなく、ストレス。

しかし、そもそもお酒で解消されてるという思い込みがあるから、飲まないとそう思うけど、ほんとは飲まなくても、大丈夫のかもしれない。

飲んだ場合は、ストレスが解消された、と思うことが大切。

そして、仕事の合間に、どうにか娯楽をいれる。通勤中、スマホで動画みたり、本読んだりするのも、相当にストレス解消回避になる。

一瞬でも書店をフラフラするだけでも、わりと、たのしい。

スマホは、隙間時間で、今自分の好きなものに、一瞬でアクセスできるので、とても役に立つ。

まあ、最後にはストレス解消、最大の方法は、忙しい仕事を、遊びだと思い込む。

嫌だな、と思ったら、すべて嫌になるので、とにかく目の前の作業の好きなところを見つける。すごい好きなところがなくても、今の作業のなかで、もっともマシ、好きといえる部分を探す。

しかしそれが、出来るようになるには、準備が必要で、まず、日常的に好きの興味範囲を広くひろげておくこと、そして、仕事仲間や仕事内容。仲間はとにかく気の合う人と仕事が出来るように気を配る。気の合わない人と仕事しなくてはならない状況をとにかく作らない。仕事内容も、自分に出来るであろう範囲を逸脱しないように、気を配る。無理はしない。

無理は、結果的に自分のクビをしめることになる。無理して、悪くなった仕事環境を再び、良いものに戻すのはものすごく大変なこと。

自分の性格や能力を見極めて、常に、小さくても興味を大量にもち、仕事をしていたら、わりと、どうにかなるのではないかと、願っている。