Wの日誌

映像編集業。1977年生まれ。

すきなことをすべき

友達もいるようだし、女の子の知り合い友達もいるようだけど、そして、別に前向きに生活したいけれど、どうにも学校には行きたくないということがあるようで、子供は学校に行かない。

まあ、イヤなのを無理して、病んだり、死んでも、面白くないので行かないのは、いいとして。

自分自身は、思えば、けして積極的に学校にも仕事にも行きたいと、思ったことはないけれど、それでも実際に行かない、ってことが、今のところ、ないな、と思う。充分に性格的には、休みそうなものだけど。

しかし考えれば、おそらく、休むという行動をとって周りにはどう思われるか、ということ、社会的な評価などに対して、強気になれない、性格の弱さが自分にはあって、行かないという行動がとれないのだろう。実のところ、イヤだから行かないという行動をとれるのは、むしろ、強いし積極性の現れなのではないかとも思える。

しかし、中学や高校だと行けないということが、だいぶ、ネガティブな事としてとらえられるのにたいして、大学になると、サボること、留年すること、中退することすら、別になんらネガティブなものとして、とらえられないのはどういうことなのだろうか。

高校中退には、なにか負のイメージがあり、大学中退には、さほどの負のイメージがない、と思うのは、自分だけだろうか。

大体、世の中のイメージは、そういう感じだろう。

それにしても、日本の若者の成功のロールモデルが、ストレートに国立の大学までいって、新卒でいい会社に就職する、というもので、なんだか、めちゃくちゃモデルが貧困かつ、少ない。

自分が若い頃なども、もちろん、大学に行くのは、個人の向き不向き、得意不得意を別にして、とにかく、良いこと、っていう感じだった。

自分の高卒の親は、大学うけてほしいオーラをバンバン発していたが、そもそも、遺伝的にも、後天的にもバカなので、受からない。

それでも、とりあえず、自分が向いてることで生活は出来てるし、大学行きたかった、とは、1ミリも思ってない。

それは、それでよかったということで、そういう意味では、高校やめても、むいてることさえやれて、それがお金になれば、高校行くかどうかは、さほど問題ではないのではないか。

 

とにかく、一番の問題は、本人が行けないことに悩み、悩むことに時間を費やし、気持ちやモチベーションを、ポジティブな方向に持って行けなくなることで、高校は行かなくては行けないのようなことも、そもそもは、呪いのようなもので、好きなことで生きられれば、それでいいんだから、行かなくても、実はなんら問題ない、のであった。

 

高校に行きたくないと思うことよりも、実は、これをしてる時間が超楽しいっていうものが無い方が、よくないので、寝食わすれるほどに、好きな事を発見して、それを続けるのが、一度の人生、絶対死ぬ人生を、楽しむことになると、思う。

 

人間、絶対死ぬので、、すきなことをすべき。